注文住宅と建売住宅の違いとは?

注文住宅と建売住宅の違いとは?



一戸建てを購入する際に注文住宅にするか建売住宅にするか考えることがあります。果たして注文住宅と建売住宅はどう違うのかどちらがいいのか悩むことがあります。これから注文住宅と建売住宅の違いを説明します。 まず注文住宅は土地の上に住宅を建てることです。注文住宅は間取りも1から決めて家を完成していきます。間取りと言われてもなかなかどのような感じかわかりません。それを建築士をはじめ工務店の従業員に相談して決めていきます。 建売住宅はすでに間取りが決まっていて、内装も決まっています。気になる物件があればモデルルームをみたりして決めていきます。どちらにしても大きな買物になるので何度も相談して決めていくことになります。

注文住宅・建売住宅のメリット


注文住宅・建売住宅のどちらにもメリットがあります。 まず注文住宅のメリットは自分の希望の間取りにできることです。リビングを広くしたいとか収納がたっぷりほしいとか要望があればそれに合わせて間取りを考えてくれます。その分費用や時間もかかりますが、何度も購入することはできないのでじっくりと考えて納得のいく住宅を作りあげることが可能です。 建売住宅のメリットは間取りが決まっているのでイメージが沸きやすい所です。モデルルームや完成した実際の住宅をみることもできます。住宅の場所や間取りで多少の妥協もあるかもしれません。ただ注文住宅よりは購入費は安くなることがあります。 このようにどちらもメリットがあるので自分たちの予算や希望をかみした上でどちらがいいのか決めていくといいです。